FC2ブログ
籠 城

日本における最高学府の頂点、東京大学。


全国の親御さんが、我が子の入学を願うであろうこの大学を象徴するもの・・・といえば、多くの方が 『赤門』 と答えるでしょう。


※ 『赤門』 に関する過去記事は、こちら。



しかし、私を含めた昭和世代の方にとって、もうひとつ忘れられない建物があるはず。 それは、


 安田講堂


安田財閥の創始者・安田善次郎氏の匿名寄付により1925(大正14)年に竣工した大講堂ですが、私がこの建物の名を初めて耳にしたのは、あの事件のTV中継でした。


     安田講堂


1960年代後半、ベトナム戦争の泥沼化と1970年に予定されている日米安保条約の自動更新を巡って、左翼勢力による反戦・安保反対運動が高まりました。


またベビーブーム世代が大量に大学入学を目指す中、授業料値上げ反対をも唱えて各大学に全共闘が組織され、これに呼応する学生らによって暴力を伴う学園紛争が多くの大学で巻き起こりました。


東京大学もご他聞に漏れず、医学部でのインターン闘争をキッカケとした 〝東大紛争〟 が勃発。

1968(昭和43)年には卒業式が中止されるなど、大学側との対立が深まりました。


その後も学内ストライキは続き学内の建物の多くが封鎖され、同年11月には総長以下全学部長が辞任。


事態を重視した佐藤内閣は各大学で行われていたバリケード封鎖解除に動き出しますが、それでも収拾がつかない東大は警視庁にバリケード解除の実力行使を依頼。


そして1969(昭和44)年1月18日・・・後に 『あさま山荘事件』 でも現場指揮を執った佐々淳行・警視庁警備部警備第一課長(当時 昨年10月死去)が先頭に立って学内のバリケードを次々に排除し、学生側の最後の砦・安田講堂を取り囲みます。


       安田講堂


講堂屋上から学生が投げる火炎瓶が地上で炸裂したり、機動隊の放水や催涙弾を発射するなどの攻防は、今からちょうど50年前の今日にあたる翌19日午後3時過ぎに、ようやく終息したのです。

その様子をテレビ中継で見ていた私は、まだ小学生。


一体何が起こっているのかは理解できませんでしたが、その異様な光景を呆然と眺めていたことを憶えています。

学生運動の方向性は決して正しいとは思いませんが、当時のエネルギーを現在の学生・・・草食系男子から殆ど感じられないのは、寂しい限り。うー


結局安田講堂は機動隊によって制圧され、バリケードは撤去。 

篭城していた学生も全員排除されました。

ちなみに、逮捕された633人のうち、東大生は僅か38人だったとか。

大多数は(プロ)活動家あるいは他校生・・・現在沖縄で基地反対運動をしている左翼集団における沖縄県民とその他活動家の比率と同じ感じがします。うー


学生運動の象徴となった同講堂は、以後しばらくは物置として使われただけだったとか。


そして事件から5年後・・・高校入試に合格した私を、オヤジがご褒美で東京に連れてきてくれたのですが、ナニゲに本郷の東大キャンパスに立ち寄り、赤門やら安田講堂を見せてくれました。

(その時の安田講堂は人の出入りもなく閑散としていた記憶がありますから、きっとまだ物置のままだったんでしょうネ。)


おそらく、あわよくば息子を東大に・・・と期待しての視察(?)だったんでしょうが、私はあの機動隊との攻防戦がトラウマになっており、とても東大に進学する気は起きず受験すらしませんでした。


安田講堂事件は、私の人生をも変えたと言えま・・・な~んて、ウソです。 単に受験できる程の学力がなかっただけです。あせあせ


               人気ブログランキング

スポンサーサイト
深 夜

皆様の中には、若かりし頃毎晩のようにラジオの深夜放送に聞き入った方も多いと思いますが、今日はその深夜放送を初めて担当したといわれているアナウンサー、


 土居 まさる さん


の命日・没後20周年にあたります。


土居(本名:平川厳彦)さんは、1940年の愛知県生まれ。


立教大学に進学し、就職で悩んでいた徳光和夫さんに 「アナウンサーになれば?」 とアドバイス・・・そして本人も1964年に文化放送に入社することに。


野球の実況中継で数年間活躍した後、深夜放送のディスクジョッキーに転向。


担当した 『真夜中のリクエストコーナー』 が日本初の深夜放送ラジオ番組といわれています。


『セイ!ヤング』などの人気番組を担当した後、系列のフジテレビにも出演するようになると人気・知名度とも上昇。


1970年にフリー司会者 (※前出・徳光和夫さんのフリー転向は1989年とずっと後) となり、『TVジョッキー』等の司会を務め、本格的にテレビ進出。


       ウォームハート 葬儀屋ナベちゃんの徒然草


芸名の土居まさるは、後に文化放送の社長にもなったブロデューサー・峰岸慎一氏が、立教大学の後輩だった巨人軍の土井正三選手にあやかってつけたとのこと。


だからというわけではないでしょうが、毎週末 『プロ野球ニュース』 のキャスターも担当されました。


深夜放送を聴かなかった私が土居さんの存在を知ったのは、この番組からだったと思います。


そして最も印象深いのは、1979~1994年の長期にわたり司会を務めた 『象印クイズ ヒントでピント』 (テレビ朝日系列)。


モザイク模様など画像加工を駆使したり、中々レベルの高いクイズ番組で、私のお気に入りでした。


特に最後の16分割では、浅井慎平さんの鋭い回答にいつも感心させられたものですが・・・番組の進行が軽快で、いつもにこやかな土居さんの表情が印象的でした。


同番組終了後しばらくした1998年秋、体調を崩した土居さんが病院で診察を受けたところ、ガンにより余命半年という宣告を受けたといいます。


入退院を繰り返しながら仕事続けた土居さんでしたが、同年12月26日のラジオ録音が最後の仕事となり、年明けの1999(平成11)年1月18日・・・58歳で帰らぬ人となりました。

還暦の私よりも若くして亡くなっていたとは・・・。


それでは土居さん見事な司会ぶりを視聴しつつ、ご冥福をお祈りしたいと思います。(



               人気ブログランキング

ホウレン草

私の同世代の中高年・・・特に男性には、忘れられないキャラクターでしょうネ。

  ポ パ イ

    Popeye


       


彼が初登場したのが、今からちょうど90年前の今日・1929年の1月17日・・・ミッキーマウスが誕生してから僅か2ヶ月後のことでした。

 ※ミッキーマウスに関する過去記事は、こちら。


彼は、E・G・シーガーという作者が 『シンプル・シアター』 という作品の中で生み出したキャラクターだったのですが、当初この漫画はハム・グレイディとその恋人オリーブ・オイル、そしてオリーブの兄カスター・オイルが中心人物で、連載開始後10年程遅れて登場したポパイは脇役でした。(↓)


       


なんだかフケていて筋肉もついてませんょネ。


ところがどんな目に遭っても不死身だったポパイはやがて人気者となり、主役の座とオリーブをグレイディから奪ってしまいました。あせあせ


(※ポパイの名の由来は “pop-eye ” = 「目が飛び出る程驚く」 という形容詞)


そして物語はホウレン草の缶詰を食べると超人的なパワーを出すセーラー服姿のポパイと恋人オリーブ、そして彼の敵役として登場した荒くれ男ブルートの三人が織りなすコメディーへと変貌。


1930年代に入ると、同作の短編アニメが制作されるようになり、ポパイの名は一層広く知られるようになりました。


 ※その第1回放送が、こちら。 (



日本では1959(昭和34)~1965(昭和40)年まで放映され、最高視聴率33.7%を叩き出したそうですから、その人気ぶりが分かります。

私が丁度幼稚園に通っていた頃ですが、今でも白黒テレビで観た二の腕に碇マークがついたポパイの姿、記憶に残っています。


さてポパイといえば、トレードマークはホウレン草の缶詰。

彼は何故にそれを食べるのか?

実はこのポパイ・アニメのスポンサーは、『全米ベジタリアン協会』 。


菜食主義を国内に広めようと会員の実業家たちが資金を出し合ってアニメを制作したのですが、当初はキャベツを丸ごと1個食べていたそうな。驚き顔


しかし1933年にアニメ化される際、「キャベツでは大き過ぎで持ち歩くのは不便だし、隠し持つには無理がある」

という理由からホウレンソウの缶詰になったとのこと。


ところが、このアニメが放映開始された時点では、ホウレン草の缶詰は存在していませんでした。


やがて彼が食べることで認知され、ホウレン草の缶詰が後から発売されるように。


しかしポパイは有名になっても、残念ながら缶詰の売れ行きはイマイチだったとか。

肉好きのアメリカ人には、菜食主義は根付かなかったようですネ。

しかしここで疑問がもうひとつ。

日本のスーパーではホウレン草の缶詰ってまず見かけないですょネ。
どうしてアメリカは缶詰で売られたのでしょう?


      


それは当時、広大なアメリカで生のホウレン草を新鮮な状態で流通させることができなかったため、缶詰にしたのだそうな。

それが国民に浸透したため、現在でもアメリカではホウレン草をナマと缶詰両方で売っているとのこと。


でも缶詰のホウレン草って、何となくビチャビチャして美味しくなさそう。


食べてみたいような、みたくないような・・・。うー


              人気ブログランキング 

有名無実

〝悪法も法なり〟という言葉がありますが、今日はその典型的な・・・というか、殆ど名ばかりの法律が今からちょうど100年前の今日、アメリカで制定されました。 

それは、あの有名な


  禁 酒 法
    Prohibition


アメリカでは19世紀頃から規則正しい生活を勧めるメソジスト(プロテスタント)を中心に禁酒運動が盛んになり、既に州法によって禁酒法を制定した地方も一部にありました。


賛成・反対両派が拮抗する中で、第一次世界大戦が勃発。


反対派の主力だったドイツ系に対して反感が高まったこともあり、1919年1月16日に飲料用アルコール禁止を規定するアメリカ合衆国憲法修正第18条が3/4にあたる34もの州で批准され成立、1年後に施行されました。


            


アルコール依存症や犯罪を減らすことを目的とした同法でしたが、実質的にはザル法。


なぜなら、この法律で規制されたのは 〝0.5%以上のアルコールを含んだ酒類の製造・販売・輸入〟 を禁止したものであって、飲酒自体は規制外だったということ。


従って市民たちは、法律批准から施行までの1年の間に大量の酒類を買い溜めし、禁酒法施行後も毎晩のように自宅で酒盛りをしたとか。


またこの法律で大儲けしたのが、ギャングたち。


周辺国では禁酒法などはなかったため、カナダ・メキシコなどから大量の酒を密輸し、また密造・密売で莫大な利益を上げました。


密造・密輸酒の集積拠点がシカゴで、そこの元締めがアル・カポネ。


そう、映画 『アンタッチャブル』 の世界そのものだったわけです。

 ※アル・カポネに関する過去記事は、こちら。(↓)



主役のエリオット・ネスのような捜査官は一握りで、多くはギャングから買収されて放任状態。 


街には以前よりも酒場の数が増える有様だったとか。


有名無実化した禁酒法撤廃の機運は徐々に高まり、1932年の大統領選では撤廃派のF・ルーズベルトが勝利。

翌年に同大統領が修正第18条を廃止する修正第21条に署名・可決・・・いわゆる禁酒法は消滅しました。


(※但し現在でも、酒類販売の禁止・制限を行っている郡・町があるそうですが・・・。)


       


莫大な酒税が徴収できず犯罪を増長させる 『禁酒法』 が、我が国で成立することはまず有り得ないでしょうが・・・家庭内で厳重に施行され、規制を受けているご主人はいらっしゃるかも。


アメリカのそれとは違って、買収が通用するはずもなく・・・万一ヘベレケになって帰ったら、罰金や懲役以上に厳しい奥様のお仕置きが待っているんでしょうネ、きっと。うー


               人気ブログランキング

大番狂わせ

1月15日というと、昭和オヤジの私としてはどうしても 『成人の日』 というイメージがあります。

が、その祝日が公布・施行される9年前・・・今からちょうど80年前の今日、日本中を揺るがす〝大事件〟が起きました。 

それは大相撲一月場所の4日目、


 横綱・双葉山

の連勝が69でストップしたことでした。


       


双葉山関(1912-1968)は、5歳の時に吹き矢が当たったせいで右目が半失明状態というハンデがありながら、相撲界入り。

1935年に蓄膿症の手術をしてから体重が増え、強さが増しました。

そして翌年の一月場所6日目に横綱・玉錦に敗れたものの、翌7日目に壇ノ浦に勝ったところから連勝がスタート。

この場所9勝2敗(※当時は1場所11日)で関脇に昇進(優勝は前述の玉錦)した双葉山関は、翌五月場所では玉錦を破って全勝優勝し、大関に昇進。

更に翌1937年一月場所では玉錦が場所中に上腕骨を骨折して休場したため直接対決が無く、またしても全勝優勝。

そして双葉山人気で11日から13日に伸びた翌5月場所も全勝優勝した双葉山関は横綱に推挙され、玉錦・武蔵川・男女ノ川と共に4横綱の一角を占めます。

ライバル横綱が3人もいると連勝記録続伸は厳しい状況ですが、幸運だった(と言っては失礼ですが)のは最強のライバル・玉錦が1938年12月に腹膜炎を悪化させて現役のまま突然亡くなってしまったこと。

また武蔵川が休場しがちだったことで、直接対決が少なくなったことが挙げられます。

1938年一月場所では9日目に際どい取り直しがありましたが、それも凌いで全勝優勝。

翌場所も全勝優勝を果たして連勝を66に伸ばすと、双葉山の連勝はどこまで続くのか、また彼を倒す力士は誰なのか? が人々の大きな関心事に。


そして迎えた1939(昭和14)年の一月場所・・・それまで幸運に恵まれていた双葉山の運気が落ち始めます。

前年に満州巡業した際にアメーバ赤痢に感染して体重が激減した双葉山関は当初休場するつもりでした。

しかし玉錦が亡くなり武蔵川が休場、そして前の場所で男女ノ川が負け越したことで、実質一人横綱の立場となった彼は、責任感から出場を強行。

幸い3日目まで連勝して記録を69連勝と伸ばし、1月15日の4日目に対戦したのが、当時前頭4枚目の安藝ノ海(1914-1979)でした。


横綱の右目が弱いことを知った上で右に回り込んだ安藝ノ海は、双葉山関のすくい投げをかわして外掛けをかけると双葉山関は一瞬早く土俵に落ち、この瞬間70連勝はならず。

 ※この一番の映像が残っています。(↓)



取組後、国技館内は座布団だけでなく酒瓶や煙草盆、更には暖房用の火鉢(!)まで乱れ飛んだそうで、ラジオ中継していた和田アナは「双葉、敗れる!」と連呼、「70連勝ならず、まさに70、古来やはり稀なり!」と実況したそうな。

その後敗れた双葉山が、師と仰ぐ安岡正篤氏に「
イマダモッケイタリエズ(未だ木鶏たりえず)」と打電した逸話は有名。

また彼は取組後以前から予定していた大分県人会主催の激励会に出席し、いつもと変わらぬ態度で出席者を感銘させたといわれています。


一方連勝を止めた安藝ノ海は、国技館を出たところで興奮した群衆にもみくちゃにされ着物はボロボロ、普段なら歩いて数分の部屋に帰るまでに1時間以上を要したとか。

そして師匠・出羽海親方に
「勝って褒められる力士になるより、負けて騒がれる力士になれ」と諭された安藝ノ海は、「双葉山に勝った自分がみっともない相撲は取れない」 とその後も精進を重ねて1942年5月場所で見事横綱に昇進しました。


       

それ以前の関脇時代だった1940年5月場所に生涯で1回だけの優勝を飾りましたが、この場所中に双葉山関が引退した事にも、2人の因縁を感じます。

〝世紀の大一番〟は、相撲の神様が仕組んだのかもしれません。

【余 談】


この一番について大相撲史上初めて号外が出されたそうですが、残念ながら現存が確認されていないとのこと。

祖父・曾祖父が相撲ファンだった方は、蔵や押し入れの中を捜索してみてください。

もしこの号外が出てくれば、なんでも鑑定団出演は間違いなし!?
あせあせ


               人気ブログランキング

生 存

皆さんは、1983年に公開された 『南極物語』 という日本映画をご覧になったことがあるでしょうか?


今は亡き高倉健さんや夏目雅子さんが出演し、1956年当時日本が国家プロジェクトとして取り組んだ南極観測・越冬隊の物語を描き、当時の配給収入記録を更新する大ヒット映画でした。

    


この映画・ドラマにおける真の主役は、2匹の犬・・・


タ ロ & ジ ロ


でした。


1956年11月、第一次南極観測隊・総勢53名が観測船 『宗谷』 に乗って東京湾を出発。 


その時に22頭の樺太犬が犬ぞり用に連れて行かれ、選ばれた11名の第一次越冬隊員と共に当地で大いに活躍。


しかし1958年2月、第二次越冬隊は悪天候により昭和基地に辿り着くことが出来ず、第一次越冬隊員は小型飛行機で宗谷に戻ってこられたものの、樺太犬たちは重量制限のため止むなく鎖につないだまま現地に残されてしまいました。


生存が絶望視されましたが、今からちょうど60年前の今日・1959(昭和34)年1月14日・・・ヘリコプターに乗った第三次越冬隊員が、2頭の生存を確認。


かつて犬係をしていた北村隊員 (※この方、『プロジェクトX』 の第一次越冬隊の特集で出演されてました) が近寄って名前を呼ぶと尻尾を振った・・・それがタロとジロでした。


           

           ジ ロ                 タ ロ


自力で首輪を外したタロとジロは、零下40℃以下という厳寒の地でアザラシの糞やペンギンの肉を食べて生き延びたと推測されていますが、一方で凍死した仲間の肉を食べた痕跡がなかった・・・というところが、泣かせます。

(1958~59年にかけて、ソ連隊が無人の昭和基地に給油のため立ち寄った際にタロとジロを発見し、エサを与えていた・・・という説もあります。)


その後ジロは第4次越冬中基地に残り、1960年に5歳で病死。


タロは日本に帰国し北海道札幌市の北海道大学植物園に引き取られ、1970年に老衰のため14歳で亡くなりました。

2頭とも剥製にされ、タロは北海道大学植物園に、ジロは東京・上野の国立科学博物館に展示されているそうです。


ところで彼ら樺太犬が、日本国内ではほぼ絶滅していることをご存じでしょうか?


元々樺太犬は、アイヌなどの北方民族が犬ぞりや猟犬に使うために樺太・千島列島で人工的に掛け合わせて作り出された犬種。


体調は50cm以上、体重も5~60kgに達する大型犬で、びっしり体毛に覆われた頑丈な身体で寒さに強く、しかも大人しくて人間に忠実な性格だとか。


しかしキタキツネを媒介して伝染するエキノコックスという人間にも害を及ぼす寄生虫を樺太犬も媒介することが分かり、大量に殺処分されてしまいました。


一時期保存会が組織されましたが、繁殖が難しい事もあって現在純粋な樺太犬の存在は確認できていないそうな。

※ですから、冒頭の映画『南極物語』に出演しているのは、樺太犬ではなく、エスキモー犬でした。

日本のどこかで、人知れず生きていてくれればいいのですが・・・。

北大や国立科学博物館を訪れる機会がありましたから、是非テロとジロに会ってください。


        

上の写真は国立博物館のもので、上がジロ。

下の白い犬は・・・あの忠犬ハチ公なんですって。




               人気ブログランキング

成 人

今日は、『成人の日』。


「おとなになったことを自覚し、みずから生き抜こうとする青年を祝いはげます」国民の祝日です。


約125万人(前年比2万人増)の新成人か、今日から〝大人の自覚〟を持ち責任ある行動を取ってくれることを期待しつつ、国旗を掲揚しましょう。


  


 


               人気ブログランキング 

鬼武者

今日のタイトルは、ある有名な武家の恐ろし気な幼名なのですが、誰のことかお分かりになるでしょうか?

正解は、後に日本の歴史上初の武家政権を樹立した


 源 頼 朝


そして今日は、私たち昭和世代が 「イイクニ作る」 と覚えた鎌倉幕府を設立した、この征夷大将軍の命日・没後820周年にあたります。


       


1147 (久安3) 年、河内源氏の棟梁・源義朝の三男として生まれた頼朝は、その父が平治の乱で平氏に敗北・謀殺され、自身も処刑寸前までいったものの平清盛の継母・池前尼の口添えにより辛うじて助命され、伊豆に流されます。


流刑の間に北条時政の長女・政子と結婚した頼朝は、以仁王(もちひとおう 1151-1180 白河天皇の第3皇子)が出した平家討伐の令旨に呼応して挙兵。


数々の戦いを経て、1185(文治元)年に壇ノ浦の戦いで平家を滅ぼすと、1192(建久3)年に後白河法皇崩御から征夷大将軍に任じられ、これをもって初の武家政権たる鎌倉幕府の擁立とされています。


※もっとも10数年前から、鎌倉幕府の設立は1185年であり、武家政権としては平氏政権に次ぐ2番目と位置付けられているそうですが。


最高権力の座についたとはいえ、それまで彼自身が戦の最前線に出て戦功を挙げたわけではありませんでした。


実際に平家を滅亡に追い込む働きをした従兄弟・源義仲や末弟・義経を討ち、弟・範頼も謀反の疑いをかけられて伊豆に配流の上誅殺・・・対立の可能性があった血族を次々と抹殺し、まさに孤高の権力者となっていった頼朝。


しかし1198(建久9)年12月27日、落馬によって体調を崩し、回復せぬまま翌1199(正治元)年1月13日、53歳でこの世を去りました。


頼朝の武将・為政者としての生涯を詳しく知りたい方には、こちらのご一読をおススメします。

 『源 頼朝』 (永原慶二・著 岩波新書・刊)


          


曽我兄弟を利用した北条時政による暗殺未遂説もありますが、頼朝の死因についても単なる落馬事故だったと私には思えません。


そして因果応報というべきか・・・悉く血縁者を排除した頼朝の子は、第2代将軍であった長男・頼家が妻・政子の実家である北条氏の手によって謀殺され、第3代将軍の四男・実朝は頼家の子・公暁の手により暗殺されてしまいました。 


その他の子孫も多くは非業の死を遂げ、結局頼朝は自らの直系血族を後世に残すことはできなかったのです。


凄まじい生殺与奪が繰り返された武家社会・・・それに比べれば、たとえ女房の尻に敷かれても、現世に生まれて良かった?あせあせ


               人気ブログランキング

【拡散希望】 大 仏

皆さんは、

  工藤 俊作 海軍中佐


という旧日本海軍の軍人をご存知でしょうか?

教科書には載っていないため殆ど名を知られていない方ですが、是非とも後世に語り継ぎたいこの〝武人〟の、今日は命日・没後40周年にあたります。


       


1901(明治34)年、現在の山形県東置賜軍高畠町の農家に生まれた工藤少年は、小学生の時に校長から立派な艦長の逸話を聞いて感動し、1920年に海軍兵学校入校。


1923年に卒業後、練習艦に乗り組み南洋航海を経験すると、翌年少尉に任官。


       

                  海軍少尉時代  


駆逐艦や重巡洋艦などに乗り組んだ後、1937年海軍少佐に昇進。

そして1940年11月に駆逐艦・『雷(いかづち)』の艦長に就任し、大東亜戦争の開戦を迎えました。

そして開戦から4ヶ月後の1942(昭和17)年3月1日、(現インドネシア・ジャワ島付近の)スラバヤ沖海戦で、日本海軍が英国海軍の巡洋艦エクゼターと駆逐艦エンカウンターを撃沈。


    

               スラバヤ沖 交戦海域


そして海に投げ出され約24時間漂流していたイギリス艦乗組員を、たまたま通りかかった 『雷』 が発見。


すると戦闘海域に停泊するという危険を顧みず、自船の乗組員数の2倍近い敵国漂流者422名を救助。

中には重油に覆われた海面に飛び込んで、衰弱した乗組員を助けた者もいたとのこと。

       

            雷の甲板上の救助された英兵士たち


この人道的救助を部下に命じたのが、工藤艦長でした。

そして彼は前甲板に英海軍士官全員を集め、英語で

「貴官らはよく戦った。 貴官らは本日、日本帝国海軍のゲストである。」


と訓辞して艦載の食料・水の殆どを供出して歓待すると、翌日全員をオランダ病院船に引き渡したのです。

工藤艦長は、身長185cm・体重95㎏と当時の日本人としては非常に大柄で、柔道三段の猛者。

しかし性格は至って温厚で、兵学校時代に鈴木貫太郎校長の薫陶を受けた彼は艦内での鉄拳制裁を厳禁し、階級で部下を区別せず分け隔てなく接していたといいます。

そういうリーダーだったからこそ、部下は彼の命令通りに敵兵を救助したのでしょう。

しかし工藤艦長はこの8ヶ月後に中佐に昇進したものの、体調を崩して1945年3月に前線を退き故郷で終戦を迎えました。

ところで、この美談・・・戦後の長きにわたり、公になることはありませんでした。


それは工藤中佐自らが戦後公職に就くことはせず、また海軍の同窓会などに顔を出さず、毎朝戦死した動機や部下の冥福を仏前で祈る日々を送り、78歳でこの世を去るまで家族にすらこの救助を一切口にしなかったから。

また 『雷』 が工藤艦長の転任後に多くの乗組員共々沈んでしまい、殆ど当時の救助活動に従事した証言者がいなくなったため。


しかし工藤中佐逝去から8年後の1987年・・・その時に救助され、後に外交官として活躍したサムエル・フォール卿が、アメリカ海軍機関紙に 『騎士道』 と題してこの事実を寄稿したことで、初めて世にこの史実が明らかにされたのです。


       

                   Sir  Samuel  Falle


この救助活動に関しては、こちらの著書で詳しく知ることが出来ます。

 『敵兵を救助せよ!』 (草思社・刊)  


              


著者の惠隆之介氏は取材中、フォール卿から


<

「貴君は武士道について知っているか? 

武士道とは日本人の道徳の規範だった。 

そして戦いにおいては、勝者は敗者の健闘を称え労ることが武士道の基本である。」


と諭されたことがあったとか。


私たちは、理不尽な行いがまかり通り精神主義一辺倒だと思われがちな旧日本軍の中にも、このような合理的思考を持った軍人が実在したことに誇りを持つと同時に、日本人として〝武士道〟を再認識したいもの。


大柄な柔道家でありながら、趣味は読書・・・部下からは敬意と親しみを込めて〝大仏〟と呼ばれていた武人のご冥福を、あらためてお祈りしたいと存じます。 笑3


               人気ブログランキング

勇 者

皆さんは、2012年に公開されたアメリカ映画

 ネイビーシールズ
   (原題:Act of Valor


をご覧になったことがあるでしょうか?

        


ネイビーシールズ(Navy SEALs ) とはアメリカ海軍の特殊部隊で、海軍の中で最も厳しい訓練をクリアした精鋭たちのこと。

国会前などで叫んでいるシールズ(SEALDs )とは、大違い。
うー

同作は、そのネイビーシールズがアメリカ国内に潜入しようとするテロリスト集団を追いつめるストーリーですが、その交戦・銃撃シーンが迫力満点。

それもそのはず、本物のシールズ隊員が出演し射撃も実弾だったそうですから、まさに戦場そのもの。

 ※例えば、こんな感じ・・・。



隊員たちは、途中犠牲者を出しながらも見事ミッションを完遂するのですが・・・。

部下を助けるために、上官が自ら手榴弾に覆い被さって亡くなるシーンが出てきますが、これはアフガニスタンであった実話との事。

その隊員の名はミサイル駆逐艦に命名され、その勇気が称えられているとか。

ご覧になっていない方には、是非鑑賞していただきたい作品です。

「でも、戦争映画はちょっと・・・。」

と尻込みする方もいらっしゃるかと思いますが、実は私が同作をお勧めするのは、戦闘シーンもさることながらラストが素晴らしいから。

前述の自ら犠牲になった隊員の葬儀が終わった後、未亡人が幼子の隣で夫が遺した手紙を読むシーンが、それ。

そこに認められていたのが、テカムセ Tecumseh  1768?-1813)というインディアンの酋長であり白人と闘った勇者が遺した詩でした。


 


以下に和訳(字幕まま)と英文を掲載しますので、是非味わっていただきたく・・・。

〝死の恐怖に侵されず 人生を生きろ 人の宗教を貶めるな

 


 他人の考えを尊重し 私見にも尊重を求めよ

 人生を愛し満たすべく務め 自らの周りを彩れ


 長く生き 大切な人々に尽くせ


 臨終に際しては 死の恐怖に囚われた者になるな

 まだ時間が欲しいと後悔し 嘆くものになるな


 賛歌を口ずさみ 英雄の帰還するが如く逝け〟


        


                  Tecumseh


So live your life that the fear of death can never enter your heart.


Trouble no one about their religion


respect others in their view, and demand that they respect yours.


Love your life, perfect your life, beautify all things in your life. 


Seek to make your life long and its purpose in the service of your people.


Prepare a noble death song for the day when you go over the great divide.

Always give a word or a sign of salute when meeting or passing a friend,

even a stranger, when in a lonely place.


Show respect to all people and grovel to none.


When you arise in the morning give thanks for the food and for the joy of living.


If you see no reason for giving thanks, the fault lies only in yourself.

Abuse no one and no thing, for abuse turns the wise ones to fools and robs the spirit of its vision.


When it comes your time to die, be not like those whose hearts are filled with the fear of death,


so that when their time comes they weep and pray for a little more time to live their lives over again in a different way.


Sing your death song and die like a hero going home.

(※青文字は映画ではカットされた部分)


・・・こんな人生を送りたいものです。扇子

               人気ブログランキング