大富豪

メロン財閥・デュポン財閥と共にアメリカ三大財閥のひとつであり、かつロスチァイルド家と並んで世界2大財閥のひとつである財閥とは・・・もう、皆さんはお分かりですょネ。

今日は、嘗てアメリカの〝石油王〟といわれたスタンダード・オイル社の創業者にして、毎年クリスマス・ツリーの点灯式で話題になるビルに名を残す財閥の創始者、


 ジョン・デイヴィジョン・ロックフェラー・シニア

         John Davision Rockefeller Sr.


の命日・没後80周年にあたります。


       


ロックフェラーは、1839年にニューヨーク州リッチフォードで6人兄弟の2番目として生まれ、クリーヴランドに転居後16歳で働き始めます。


山師的な父親を見て育ちながらも幼少時から真面目だったという彼は、16歳で簿記助手の仕事を得て経理や会社経営の基礎を学ぶと早くから石油事業に関わりを持ち、1870年に数人の仲間とスタンダード・オイル社を設立し、社長の座に。


狡猾なビジネス手法を駆使して急成長を遂げた同社は、やがてアメリカ国内における原油生産・石油精製・販売に関する支配権を手中に収め、市場の殆どを押さえるまでになりました。


あまりの独占ぶりに最高裁から分社化命令を出され、37の新会社に分割。


それらがエクソン・モービル社やシェブロン社の前身となりましたが、彼は1911年まで社長に君臨し続け、アメリカ人で初めて10億ドル以上の資産家すなわち〝ビリオネア〟となり、現代の貨幣価値にして20兆円以上(!)の資産を手にしたといわれています。


ロックフェラーのビジネスは、ライバル会社に十分な買収価格を提示して売却を迫り、条件を飲まなければ倒産に追い込むという強引な手法を駆使して急速に会社を大きくしたため、決して世間の評判は良くありませんでした。 


それ故でしょうか、58歳で事業からの引退を表明した後は慈善活動に没頭・・・1913年にロックフェラー財団を創設し、医学界を始め各方面に総計約5億ドルもの個人資産を投じたといわれています。 

(強いバプチスト信仰に基づいた慈善活動だといわれていますが、相続税対策も兼ねていたことは否定できません。)


一方で、自らのファミリーには莫大な生前贈与も行い、その資産はしっかりと子孫に受け継がれているようです。


万全(?)の資産管理を行った末に、彼は1937年5月23日に97歳でこの世を去りました。

一代でアメリカ最大の財閥を築いた彼の蓄財術や生き方に興味のある方には、彼の名言・至言を集めた、この本をオススメします。


『ロックフェラー お金の教え』 

             (中島早苗・訳 サンマーク出版・刊)


       


彼の息子・ロックフェラー2世は、ロックフェラー・センタービルの建設に関わるなど投資家・慈善家として有名。 


そして孫のネルソン・ロックフェラーはフォード大統領政権下で副大統領を務め、もう一人の孫もアーカンソー州知事。


さらに曾孫・ロックフェラー4世は現職の上院議員・・・その勢力はアメリカ政財界に深く、そして静かに根を張っているようです。


現在の世界は、米ロックフェラー財閥と欧州ロスチャイルド一族が動かしている・・・そう言っても過言ではないでしょう。

とすれば、アメリカの大統領は単なる操り人形? うー

最後に彼の遺した言葉を、いくつかご紹介します。

「ビジネスの世界では、忍耐こそ何にも勝る美徳なのである。」


「金持ちになることが君の唯一の目標なら、君は絶対に金持ちになれない。」


「いつまでも自分の役に立つのは、自力でしたことだけだ。」


「若者にとって最も大事なのは、信用(名声と人格)を確立することだ。」

若者には是非耳を傾けていただきたい、至言ですネ。


 


             人気ブログランキング 


 

スポンサーサイト
良 心

好景気の頃と比べ、現在ではその発言権・影響力が落ちたといわれる、日本経済団体連合会・・・いわゆる、経団連。


歴代の会長職には何人もの重鎮が就きましたが、その中でも〝日本財界の良心〟といわれ尊敬を集めた人格者がいらっしゃいました。 今日は、その

 平岩 外四 

の命日・没後10周年にあたります。


1914(大正3)年に愛知県常滑市で生まれ、後に財界のトップに立った平岩氏ですが、その前半生は実に過酷なものでした。


彼が6歳の時に町役場の収入役をしていた父親が亡くなり、母親の手で育てられた彼は聡明な子供でした。

生活苦を理由に親族から進学を反対されながらも、彼の才能を信じた母親がそれを押し切って旧制第八高等学校に進学させ、更に東京帝大・法学部へ。

1939(昭和14)年に卒業御、東京電灯(現・東京電力)に就職。

わざわざ民間会社に就職したのは、役人より給与が高く家に仕送りができるのが理由だったとか。


しかし間もなく大東亜戦争が始まると、彼も陸軍に召集されニューギニアへ。

熱帯の過酷な戦場で敗走を余儀なくされた兵士たちは飢餓と熱病に苦しめられ、彼のいた部隊107名の内、生存者は僅か7名。

その中の1人として母国に帰ることができた平岩氏は、もしかしたら神様に選ばれし人だったのかもしれません。


復員後、会社に戻った彼にとって幸運だったのは、後に東京電力の社長となり〝東電中興の祖〟といわれ、経済同友会の代表幹事も務めた木川田一隆氏に目をかけられたこと。

そのキッカケは復職して1年後秘書課に配属された際、当時常務だった木川田氏が秘書室で電気料金の体系に関する本を読んで勉強している平岩氏の姿を見て褒めたこと。


日々の努力を、見る人はちゃんと見ているってことですネ。

平岩氏自身、その木川田氏を 「経営についても人生についても終生の師」 と仰ぎ仕え、彼の引きによって1971年に同社常務、1974年に副社長、そして遂に1976(昭和51)年に社長に就任。

そして8年務めた後に会長、1993年相談役に退きました。

       

しかし彼の名が世間に知られたのは、やはり財界活動。

1978年の社長在任時から経団連の副会長に就任した彼は、早くから将来の会長と嘱望されていました。

その人気ぶりは、1986年に新日本製鐵会長の斎藤英四郎氏に会長の座を先に譲る形になった際、その無欲さが賞賛されたと同時に彼のシンパから不満が出たことでも伺えます。

そして彼が会長に就任した1990(平成2)年から1期4年務めた後一旦名誉会長に退き2002年まで在職。

2006(平成18)年に、再び名誉会長に復帰。

会長在任時はベルリンの壁崩壊やバブル崩壊や、また券金融スキャンダルが起きた財界にとって受難の時代。

しかし平岩氏は輸出入に関すネる緊急提言を行ったり、経団連企業行動憲章を制定し企業モラルの確立を図るなど、積極的に活動。

また1993年には政・財・官の癒着構造を断ち切るため、戦後38年続いた自民党への政治献金の斡旋を廃止するという、画期的というか歴史的な決断を下しました。

1980年の電気料金大幅値上げの際は、電気事業連合会会長として時の大平総理や田中角栄氏らとサシで交渉し認めさせた胆力は、戦争時に九死に一生を得た死生観の為せる業だったのかもしれません。

〝財界の良心〟とまで言われた平岩氏の温厚な性格や豊かな知識の源泉は、読書でした。

学生時代から晩年まで、論語などの古典や名著、文芸作品から少年ジャンプ(!)まで毎月5,60冊を読み続け、自宅の蔵書は実に3万冊以上だったそうですから、まさに〝平岩図書館〟。

その膨大な読書量に培われた知識・教養は、他の追随を許しませんでした。

そんな平岩氏の名言が、こちらの本で味わえます。

 『人間 平岩外四の魅力』 (大野 誠治・著 中経出版・刊)


          


平岩氏の人生を顧みると、やはり人の上に立つ者には、徳と教養が求められる・・・と、つくづく思います。

また彼が木川田氏に引き上げられたと前述しましたが、目をかけた平岩氏を如何に厳しく鍛えたかを窺い知ることができます。


そんな同書の中で、印象深い平岩氏の言葉をひとつご紹介すると、

【企業も人生も、負けたら絶対にダメだが、6対4で勝つのが一番良い】

「喧嘩ならパーフェクトに勝てれば気持ちがいいものだが、相手がもう2度と立ち上がれないくらい完膚なきまで叩きのめすのは、その時は良くても相手には怨みが残る。

そういうやり方は良くない。

怨みが残らないような勝ち方が一番良いのだが、それは6対4で勝つこと・・・できれば勝ったのか負けたのか分からない、相手が負けたと思わないくらいの勝ち方が理想だ。」


なるほど、生臭い財界の中で平岩氏に敵がいないのは、こういう考え方だからなのでしょう。

でもご本人は勝ち負けがハッキリするボクシングが大好きっだったってのが面白いですが。

昨今増えてきた 「短期間に稼げばそれで良い」 という若い経営者に、平岩氏ならどうアドバイスするのか? ちょっと聞いてみたい気がします。

同書を再びめくりつつ、亡くなる1週間ほど前に 「お先に逝かせていただきますょ」 と言って、2007年5月22日に92歳で大往生を遂げた、偉大なる財界人のご冥福をお祈り致します。


 


             人気ブログランキング 

横 断

何事も最初にそれを成し遂げた方の努力と功績は称賛されるべきですが、それが命懸けともなれば尚更でしょう。

そのチャレンジのひとつ・・・今でも伝説の如く語られる、世界初の大西洋単独無着陸飛行に


 チャールズ・オーガスタス・リンドバーグ

        Charles Augustus Lindbergh


が成功したのは、今からちょうど90年前の今日でした。


      


1902年、ミシガン州デトロイトで弁護士の父と化学教師の母の間に生まれたリンドバーグは機械工学を勉強した後、曲芸飛行士に。


アメリカ陸軍航空隊の訓練では、トップの成績を修めた優秀なパイロットだったようです。


そしてニューヨークのホテル王オルティーグが1919年に

「ニューヨーク~パリ間を無着陸で飛行した者に25,000ドルの賞金を与える」

という
懸賞を発表。

何人もの挑戦者が失敗し命を落とす中、彼はこの無謀(?)な冒険に挑戦することを決意。


出来る限り機体を軽量化することに拘り、エンジンは単発、生命に関わる無線・パラシュートまでも取り外してしまいました。


そして当時乗員2名が常識だったにも関わらず、全行程を自分1人で操縦する飛行機を設計します。


一方で巨大な燃料タンクは、万一の墜落時に操縦席を押しつぶさぬよう機体前方に置き、そのために前方は操縦席の左右もしくは潜望鏡のようなものでしか目視できない・・・という、長距離飛行と安全を重視した奇抜なデザインとなった“Spirit of St.Louis”号を完成させました。


      

決死の覚悟で1927年5月20日午前5時20分(ニューヨーク時刻)、ニューヨーク・ルーズベルト飛行場を飛び立った彼は、途中睡魔に襲われながらも33時間29分かけて5,810kmを飛行。


翌5月21日22時21分(パリ時刻)、ル・ブルジェ空港に見事着陸に成功したのです。


無名のパイロットから、一夜にして国民的英雄となったリンドバーグ・・・しかしその後彼は波乱万丈の人生を送ることに。


1932年には1歳8ヶ月の長男・ジュニアが誘拐・殺害され、傷心の彼はヨーロッパに渡ります


(※この事件については、犯人の冤罪説・母方の遺産相続に絡むリンドバーグ関与説あり)


その後第二次大戦直前からナチス・ドイツと親密な関係になり、親ナチ・反ユダヤ発言をしてアメリカ政府から冷遇されることとなりました。


晩年はハワイに移住、電気もガスもない場所で4年程生活をしたそうです。


悪性リンパ腫にかかり死を悟った彼は、1974年に72歳で亡くなるまでに自らの墓と棺桶のサイズや葬儀の際に歌う賛美歌まで取り決めたとか。


周到な計算を重ねた上で単独飛行を成功させた、几帳面かつ緻密な彼の性格を物語るエピソードといえるでしょう。

ところでリンドバーグは、もうひとつ後世に大きな貢献をしていることをご存知でしょうか?

それは意外にも、医学に関してなのですが・・・実は彼の姉が心臓弁膜症を患っていたため、それを治したいという強い思いからノーベル賞医学生理学賞を受賞したA・カレル博士と共同で、1935年に世界初の人工心臓(ガラス製かん流装置)〝
カレル・リンドバーグポンプ〟を開発しているのです。

             


これは現在の人工心臓の原型となっているそうですから、彼のおかげで命を救われた方は全世界に大勢いるはず。

リンドバーグと聞いて、単なる飛行機乗りだと思わないでくださいネ。

むしろ人工心臓開発の方が人類に貢献しているかもしれませんから


さて余談ですが、彼がパリ上空で


「翼、あれがパリの灯だ!」


と叫んだ・・・という話は有名ですが、実はこれは後の創作なんですって。あせあせ


実際は、着陸時彼はパリに着陸したかどうか分からず、


「誰か英語を話せる人はいますか?」


・・・これが第一声だったとか。


でも、私はこの〝本当の話〟 の方が人間臭くって好きですけどネ。笑2


             人気ブログランキング 


 

最年少

〝十年一昔〟って言いますが、あらためてその言葉を噛みしめたくなります。

今から10年前の今日、ゴルフファンだけでなく日本中をアッと驚かせる彗星が現れました。 それは


 石川 遼 選手

当時高校1年生のアマチュアだった彼が、『マンシングウェアオープン KSBカップ』 に出場し、並居るプロを押しのけて優勝したのです。


あの17番パー3・バンカーから直接カップに放り込んだバーディーは、今でも記憶に残る圧巻のショットでした。


そして優勝スピーチの初々しかったこと・・・宮里藍選手らの活躍による女子ツアー人気の影に隠れていた男子ツアーにビッグ・スター誕生を予感させてくれました。


プロゴルフ・ツアーにおける15歳と245日での優勝は、最年少優勝の世界記録としてギネス・ブックでも認定。

※2013年7月に、世界ランク・ポイント対象外ながら、アセアンPGA 『ザ・シング ホアヒンオーブン』 で14歳2ヶ月のP・コンワットマイ選手が優勝し、石川選手の最年少記録を更新しています


優勝トロフィーを持って微笑む〝ハニカミ王子〟の表情は、まだあどけなさが残っていました。


       石川遼 KSB


その後プロ入り宣言した時、私は 「プロの世界は甘くない。 そんな簡単に勝てないと思うョ。」 と女房に話したんですが、それは大外れ。


翌年初勝利を飾ると、2年目には4勝して賞金王になったばかりか、マスターズやブレジデンツカップにも出場。


すぐに押しも押されもせぬトッププロの仲間入り。


気懸かりだったのは、周囲にチヤホヤされて自滅することでしたが・・・私は以前ある先輩からこんな話を聞かされたことがあります。


当時その先輩が出張した帰り、石川選手が両親・妹らと同じ飛行機に乗り合わせたことがあったのだそうです。 


彼自身は顔を隠していたそうですが、ゴルフ好きの先輩にはそれが石川選手本人だとすぐに分かったとのこと。


お父さんは変装してなかったそうですから、周囲にもバレバレだったらしいんですか・・・驚いたのは賞金王になったオフシーズンに彼らが乗り込んできたのは、エコノミークラスだったというのです。


普通に考えれば、ビジネスクラスに乗って周囲の目を気にせずゆっくり心身を休めたいはず。


不思議に思った先輩が、後でキャビン・アテンダントに尋ねたら、


「石川選手、いつもエコノミーなんですョ。 何でもお父さんが年不相応の贅沢をさせない方針らしくて・・・。 

だから私達みんな、彼のファンなんです。」


という答えが返ってきたそうな。


ちなみにその航空会社は、彼のスポンサー。 


にもかかわらず、決して好意に甘えず分を弁えた言動はさすが・・・私はますます彼のファンになったものです。


しかし2009年に念願のマスターズに初出場し、翌年の中日クラウンズで最終日に12バーディーで〝58〟というプロトーナメントにおける最少ストロークを叩きだし、またしてもギネス認定世界記録をマークした彼でしたが、その後アメリカ・ツアーに参戦してからは、あまりパッとしません。

       


すっかり大人びた彼ですが、ここ数年シード権獲得がやっとの状態で後から頭角を現してきた同い年の松山英樹選手の陰に隠れてしまった感じ。

今朝もアメリカで開催されている
AT&Tバイロン・ネルソンで予選落ちが確実で、来年のシード権獲得が厳しくなっている彼ですが、まだ25歳。


これからの復活・飛躍が、まだ十分期待できます。

結婚してから活躍できなくなった、なんて言われないよう頑張って欲しいもの。

礼儀正しく周囲に気を使える素晴らしい人間性を持つ彼を、私はこれからも応援していきます。扇子


             人気ブログランキング 


 

阻 止

今でこそ、都内で出されるゴミは可燃・不燃など細かく分別・処理されていますが、昔は粗大ゴミも含めてその殆どを埋め立てていました。

私が生まれて暫く経った1961年頃で、年間158万トンのゴミの内約85%が埋め立てられ、その多くが持ち込まれたのが江東区に作られた人工島・『夢の島』。

名前はメルヘンチックですが、実態はまさに醜悪。


1957(昭和32)年から埋め立てが始まり、11年間で後楽園球場13個分の広大な土地(?)ができあがりました。

       

しかし1965(昭和40)年6~7月に大量のハエが発生し江東区内に飛来。


その駆除のために堆積した生ごみに火をつける〝焦土作戦〟を実行し、話題になったとか。

当然のことながら埋め立て処理には限界があり、かつ都内のゴミの70%を処理してきた江東区からの異臭などの苦情を受け、東京都は1956(昭和31)年に 『清掃工場建設10ヵ年計画』 を策定し、各区に清掃工場の建設が始まりました。

しかし、ここで建設計画がストップしてしまったところが・・・それは、杉並区。


同区内の高井戸地区に建設が決まり土地の収用も済んでいたのですが、事前協議等の根回しがなかったことに地元住民が反発し、建設が中断。

これに怒ったのが江東区。 
同区は都と他の22区宛に


「自区内で処分場をもつという原則の賛否を問う公開質問状を送付し返答如何によっては、ゴミの搬入を阻止する。」

と明言。 にもかかわらず杉並区は一部住民の反発が強く、また代替地候補となった和田堀の地域住民も反対の声を上げたため、事態は膠着状態に。

これにシビレを切らせた江東区は、今から44年前の今日・1973(昭和48)年5月19日に、区議会で杉並区のゴミ搬入拒否を決議。

当時の美濃部都知事が都議会で


 ごみ戦争

を宣言する異常事態に発展。

そして実際に江東区は同年12月に区長自らが出向いて、杉並区のごみの搬入を実力阻止。


        

まぁ、江東区のお怒りはごもっとも。


更に翌年5月にも再び搬入阻止が行われたばかりか、江東区に同調した都清掃労働組合も杉並区内での収集を拒否し・・・同区内には異臭を放つ生ごみが山積したといいます。ダメだぁ顔

この実力行使で追い詰められた杉並区は、結局建設予定地を元の高井戸地区とし、都と反対派は東京地裁の和解案を受け入れ、ようやく建設が決定。

それでも建設開始が1978年で稼働が1982年と、当初の計画からは大幅に遅れました。

環状8号線を走っていると、井の頭線のガードをくぐる辺りで高くて白い煙突が見えますが、これが杉並区の清掃工場。

(※現在は改築工事中)

       


当時は〝成田闘争〟と時期が重なっていたので、このような社会運動が起きやすかったのでしょうが、結局は計画通りの場所に清掃工場が建設され、ただ完成が大幅に遅れただけ。


そして一部の反対派の妨害で、多くの利用客や住民が迷惑したことも同じ。


反対した住民も、おそらく建設された清掃工場にゴミを出しているはずですし、成田空港建設に反対した人々も海外に出かける時は利用したはず。

また新しい葬儀場を建設しようとすると、必ずといっていいほど近隣住民から反対運動が起きますが、いざ稼働すると身内の葬儀で利用する方も・・・。

反対派の行動が釈然としないのは、私だけでしょうか?



             人気ブログランキング 


 

線 維

今日は5月18日・・・ということで、518の語呂合わせで


 ファイバーの日

なのだそうです。

ファイバーとは繊維のことですから、衣料関係の記念日かと思いきや、制定したのが、『ファイバーアカデミア』という食物繊維に関する情報提供を行う学術団体・・・そう、繊維は繊維でも食物繊維(dietary fiber )の記念日なんですネ。

さて、皆さんは食物繊維について、どれくらいご存じでしょうか?

私自身、初めてこの単語を耳にしたのは、1988年・・・大塚製薬から発売された 『ファイブミニ』 という小型ドリンクのCMでした。

       

ファイバーと、100mlという小型サイズの“mini ”の合成した商品名よりも、食物繊維という耳慣れない単語が妙に耳に残ったことを憶えています。

食物繊維というからには、液体の中に細かな糸くずのようなものが入っているのか? と思い早速買ってみたものの、中身は液体だけ。

飲んではみたものの、その効果は分からず仕舞い。

また当時はネット検索なんてない時代ですから、食物繊維が何なのかは分からぬまま・・・ってことで、あらためて調べてみました。

そもそも食物繊維とは、〝(植物性食品だけでなく、動物性食品起源も含めて)人の消化酵素で消化されない食物中の難消化性成分の総体〟のこと。
(※但しこれは日本での主流な定義で、世界では違う定義も存在するとか)


古代ギリシャの時代から、小麦のふすまが便秘予防に効果があることは知られていたとか。

科学的には1930年代に入ってケロッグがその小麦ふすまが便秘・大腸炎患者に有効であることを確認し、1953年にイギリスの医師ヒップスレーが、初めて “dietary fiber ” という言葉を使用。

そして1971年にやはりイギリスのバーキット博士が、アフリカ人の発生率が少ないことなどから 「食物繊維の摂取量が少ないと大腸ガンの発生リスクが高まる」 と発表し、世界的に注目されるように。


この食物繊維は、大別して水に溶けにくい不溶性食物繊維と、水に溶ける水溶性食物繊維の2種類があるそうです。

不溶性は糸状に長い筋で、ボツボツ・ザラザラしているのが特徴。
穀類・野菜・豆類、エビ・カニの表皮などに含まれています。

         
          
  トウモロコシの食物繊維拡大写真


一方の水溶性には、ネバネバ系とサラサラ系があり、昆布・ワカメ・こんにゃく・果物などに含まれています。


最新の研究によると、この食物繊維の1日当たりの摂取目標量は、(18~69歳の場合)男性20g以上・女性18g以上とのこと。

それが具体的にどれくらいの食事で賄えるかというと・・・食べられる量100gに対する食物繊維の量は、ざっとこんな感じ。

米0.6g  そば3.2g  

モロヘイヤ5.9g  グリーンピース7.7g   大豆17.1g
ひじき43.3g    わかめ32.7g  

ポテトチップ4.2g

ご覧の通り、海藻類以外は含有量が少なく、1日の目標摂取量を達成するのは大変。

またリンゴ1個には4.2g含まれているそうですから、1日5個食べればOK!・・・って、実際には無理な話でしょう。

でもファイブミニには1本あたり6g含まれているそうですから、1日2~3本飲んで普通に食事していれば、大丈夫。

・・・って、なんだか大塚製薬のCMみたいになっちゃいましたネ。あせあせ

とにかく日々の食事には海藻類を多く摂ることが効果的のようです。

ダメですょ、ポテチだけバクバク食べちゃ。


             人気ブログランキング 


 

殉 職

ちょうど10年前に起きた事件ですが、テレビが生中継で異様な光景を伝えたことでご記憶の方も多いと思います。

2007(平成19)年5月17日に起きて翌18日に解決した


 愛知長久手町立てこもり発砲事件

のことを。

同日午後4時前、愛知県愛知郡長久手町の民家から、「父親が拳銃を手にして暴れている」という通報があったものの、その2分後に「父親はもう落ち着いた。 警察が来ると興奮するので来ないで。 拳銃はおもちゃ。」という2度目の電話が。

しかし長久手交番勤務の巡査部長が自宅に駆け付けたところ、元暴力団員の父親がいきなり本物の拳銃を発砲し、首を撃たれた巡査部長は玄関前で昏倒。

(巡査部長は2度目の通報により防弾チョッキは着用しておらず。)


       
             巡査部長(左下)が倒れた現場


犯人の〝O〟は元妻との復縁を迫ったもののうまく行かず、拳銃を取り出して暴れたとのことで、巡査部長を撃つと同時に息子の左腹部と娘の右足を撃って負傷させ、元妻を人質にして立てこもったのです。(息子と娘は負傷したものの現場から逃走。)

その直後から警察は現場を包囲し説得を続けましたが、「救急車を近づけたら撃つ」などと威嚇。

また機動捜査隊が犯人の死角に陣取り射撃できる体制を取ったにも関わらず、前線本部から下がれという指示が。

更に午後5時30分過ぎには特殊捜査班(SIT)の隊員が巡査部長の救出作戦を立案したものの、これも本部の指示により中止。

結局、巡査部長の救出は玄関先で撃たれてから約5時間後の午後9時30分頃・・・一命は取り止めたものの、半身不随の後遺症が残ったといいます。


       
              巡査部長に近づく救出部隊


しかし救出部隊が巡査に近づいた際に庭にいた犬が吠え、それで気が付いた犯人が彼らに向け拳銃を発砲。

その流れ弾が現場後方で待機していた特殊急襲部隊(SAT)の林一歩巡査部長(23)に命中。

病院に搬送されたものの助からず・・・SAT設立以来初の殉職者に。

※林巡査部長は警察学校を首席卒業した精鋭で、奥さんと生後9ヶ月の長女がいました。


       

                殉職した林巡査部長


その後しばらく膠着状態が続いたものの、翌18日午前10時30分過ぎ、犯人が地元FM局に自ら電話をかけ、DJとの会話を要求。

話をしている間に元妻がトイレの窓から逃げ出し、それ以後態度を軟化させた犯人は、警察の説得に応じ投降し逮捕されたのが午後8時半過ぎ。

発生から29時間経過してようやく事件は解決したのです。

       
               逮捕された犯人〝О〟


人質や犯人の家族は無事だったものの、警官1人が犠牲となったこの事件に関しては、愛知県警の対応に批判が集まりました。

私自身最も腹立たしかったのは、玄関先で凶弾に倒れた巡査部長を5時間(無線に応答しなくなってから3時間)も放置したこと。

人質救出を第一に考えたのでしょうが、あまりにも救出が遅過ぎます。
愛知県警トップの決断力不足を指摘されても仕方ないでしょう。

一刻も早く仲間を救出したかった現場にいた警官たちの心中はいかばかりだったか・・・。

私なら、部下を見殺しにするような上司とは絶対に仕事できませんし、そんな上司にはなりたくありません。

しかも人質が自ら逃げ出したのにも関わらず、犯人確保まで更に9時間もかかったのは、警察の対応に批判が集まるのは当然。

更には一連の交渉や犯人逮捕に至るまで、マスコミが逐一取材・生中継を行い、警察の救出・突撃訓練の様子までテレビで放映したこと。

これでは犯人に警察の手の内を明かしているようなもの。

いくら報道の自由があるとはいえ、犯人逮捕を阻害するような報道は誘拐事件のように協定を結ぶなどして規制すべきだったのでは?

人質事件の解決に向け多くの教訓を残した案件だったといえましょう。

家族に向けて拳銃を発砲して傷つけ、更に警官1人を殺害し1人を半身不随にした犯人〝O〟に対し検察は死刑を求刑し。

しかし最高裁まで争われた結果下された判決は、無期懲役でした。うー



             人気ブログランキング 

糖 質

数日前、牛丼チェーン店の松屋に行ったら、入口に新しいメニュー・・・というか、サービスの告知ポスターが貼ってありました。

それは、定食などで通常つけられるライスを、湯豆腐に変更できるというもの。

今月9日からスタートしたそうですが、豆腐大好きの私には嬉しいサービス。

ってことで、早速定食のメニューに50円の割り増しを払ってライスを湯豆腐に変更し、味わってみました。

食べてみると、塩ダレで味付けがしてあり、かつ大根おろし入り。
さっぱりしていて美味しかったです。

帰社して松屋のHPを検索してみると、貼ってあったポスターと同じ表記が。

      

更にサイト内には、

〝糖質制限中の方だけでなく、食べ過ぎた次の日など糖質やカロリーコントロールをしたい日にぜひお試しください〟

・・・なんて書いてあります。

そしてライスに比べて、糖質が約94%、カロリーは約72%つまり約300Kcalカットできるそうな。
これは健康診断の数値が気になる私のような中高年世代にとって無視できない数字です。


この豆腐変更サービス、以前からすき家では 『牛丼ライト』 というライスの代わりに豆腐を使ったメニューはありましたが、それ一品のみ。

それに対して松屋の新サービスは定食など複数の商品に応用できますから、更に有難いです。

松屋はメニューを定期的に変えますが、この湯豆腐サービスは是非とも固定化して欲しいもの。

以前は女性客・ファミリー客取り込みに熱心だった牛丼業界も、今度は健康志向に舵を切り始めたようです。

前述のすき家では、今月から〝ロカボ〟と称してやはり低糖質が売り文句のコンニャク麺を売り出してますし・・・。

さてそうなると、問題は吉野家。

ライバル2社がラインナップに加えたこの豆腐サービス、追随するのでしょうか?

吉野家の牛丼ファンとしては、是非湯豆腐に吉ギューを乗せて味わってみたいのですが・・・やってくれるかナ~?


 


             人気ブログランキング 

問答無用

5月15日といえば、社会や歴史の授業で

 五・一五事件


を教わった記憶が蘇る方が多いことでしょう。

しかし、85年前の今日起きたこの事件が具体的にどんなものだったのかは、あまりご存じない方が多いかもしれません。


簡単に言えば、海軍の青年将校が総理官邸に乱入し、時の犬養毅・内閣総理大臣(当時76歳)を殺害したテロ事件でした。

大正デモクラシーと呼ばれる民主主義機運が高まり、一般市民の間には軍人に対する風当たりが強く、彼らは肩身の狭い思いをしていたとか。

そして1929(昭和4)年に起きた世界大恐慌の煽りを受けて、日本でも倒産が相次ぎ社会不安が増す中、1930年に屈辱的なロンドン軍縮条約を締結した若槻禮次郎内閣の後を引き受けたのが犬養首相でした。

彼は元々軍縮推進派であり、さらに孫文が親友であったことから軍部の満州進出を快く思っておらず、その点でも1931年に満州事変を引き起こした軍部とは対立関係にありました。

そこで古賀清志・海軍中尉が橘孝三郎が主宰する愛郷塾の塾生を農民決死隊として組織し、予備役だった西田悦少尉を説得して11名の士官候補生も引き入れます。

そして1932(昭和7)年5月15日午後5時過ぎ、5班に分かれた部隊は首相官邸・日本銀行・内大臣官邸・三菱銀行・立憲政友会本部・変電所を襲撃。

当日は日曜日で、官邸で静養していた犬養首相が、

まあ待て。 話せばわかる。 話せばわかるじゃないか。」

と話し合いを試みるも、頭に血が登っている将校の耳には届くはずもなく、

「問答要らぬ。撃て、撃て!」 
(※俗に 『問答無用』 と言われている部分)


と言いつつ、複数の銃弾を浴びせました。

       

しばらく息のあった犬養首相は、

「今の若い者をもう一度呼んで来い、よく話して聞かせる。」

と強い口調で女中に語ったそうですが、程なく絶命。

首相の暗殺は遂げたものの、その他の襲撃は軽微なものに止まり、犯行グループの多くは午後6時過ぎに東京憲兵隊本部に自首。

警察が1万人を動員して警戒に当たりましたが、反乱将校が都下に戒厳令を敷いて軍事政権誕生を目指した割には大きな混乱になりませんでした。

しかし彼ら犯行グループに対して行われた裁判では、政党政治に不満を持つ国民から除名嘆願運動が巻き起こったそうな。

そのためか、将校たちに対する判決は禁固刑や執行猶予がつけられるなど軽微なものとなり、程なく軍に復帰。

この軽い処分が、その3年半後に起きた 『二・二六事件』 の伏線になったともいわれています。

同事件の首謀者の一人で銃殺刑に処せられた磯部浅一が、自分たちの処分に関して楽観視していたことからも、それが伺えます。

五・一五事件そのものは首相暗殺に留まりましたが、日本の歴史には少なからず影響を及ぼした、と言えましょう。



余談ですが、当時喜劇王・チャップリンが来日しており、本来ならこの日犬養首相と懇談する予定でした。

しかし彼がなぜか急遽予定を変更して相撲観戦に行ったことで、難を逃れたそうな。

犯行グループ内では退廃的な文化を流す元凶として暗殺のターゲットにしていたそうですから、予定通り官邸に行っていたら容易ならざる事態になっていたはず。

もし彼が暗殺されたら、即世界大戦になっていた・・・かも? うー


             人気ブログランキング 

正面衝突

1988年3月に、中国・上海で高知学芸高校の修学旅行生一行が乗り合わせた列車が正面衝突し、生徒27名と引率教諭1名が死亡、36名が負傷するという悲惨な鉄道事故がありました。

ATS [自動列車停止装置] が全く設置されておらず、過密ダイヤで複雑な列車運行をしていたことなどが原因とされましたが、個人的にはそれこそが中国のレベルの低さを象徴している、と思ったものでした。

しかしその3年後に、同じような事故が日本で起きるとは・・・それが、


 信楽高原鐵道列車衝突事故


信楽高原鐡道の信楽発貴生川行きの上り普通列車と、JR西日本の臨時列車が単線上で正面衝突したのが、1991年5月14日のこと。

今日は、同事故の犠牲者42名(内乗務員4名)の二十七回忌にあたります。

こんなローカル線で、なぜそんなに犠牲者が? と不思議に思う方も多いと思いますが、JR西日本の臨時列車が当時信楽で開催されていた 『世界陶芸祭セラミックワールドしがらき’91』 に向かう観光客で超満員(定員の約2.8倍)だったことが、被害を大きくしたのです。
(※負傷者は614名)

当時のニュースで流れた現場映像は、衝撃的でした。

       


殆どノーブレーキで衝突したとしか思えないこの正面衝突が、どうして起きたのか?

その原因は、様々な人為的ミスの積み重ねでした。

世界陶器祭の開催で多くの観光客の来場が予想されたため。同祭実行委員会が開催前年から信楽高原鐡道・JR西日本両社に協力を要請。


これを受ける形で信楽高原鐡道は約2億円かけて信号システムを改修し、運行本数を倍増させようとしました。

しかし信楽高原鐵道は第三セクター・・・経営陣が県・町出身者で鉄道そのものに全く知識はなく、経営陣の運行保安に対する意識の低さや知識が欠如。

更に開催直前に鉄道主任技術者が退職し、その欠員を補充することなく信号システム施工業者を駐在させるに留まっていました。

しかも起点となる貴生川駅はJR西日本管轄だったことで、両社はそれぞれ別の業者に信号システムの開発・施工を発注し、そのすり合わせもなし。

両社とも無届けで信号システムの改造を行っていたというから呆れます。

<そして事故前に信号システムの不具合があったにも関わらず、多忙のため根本的な原因究明や解決策の実行はなされず、事故当日を迎えてしまいます。

当日は運行状況が遅れをきたしており、信楽駅の出発信号機が赤で待機していた上り列車が、独断で手信号に切り替えて出発。

しかし本来ならその見切り発車を検知して下り列車用の信号を赤にするはずの装置が作動せず、JRの臨時列車はそのまま進行してしまいました。

もし信楽駅で赤信号に従っていれば、この事故は防げたはず・・・なのですが、人員不足と時間の遅れを気にした焦りが、判断を誤らせたといえましょう。

とかく日本は公共交通の時間の正確さが売り物ですが、遅れを取り戻そうとして暴走し100名以上の死者を出したJR福知山線脱線事故同様、それに固執し過ぎるとこういう悲惨な事故につながることを、鉄道事業者は肝に銘じて欲しいものです。

保険会社に勤務していた際、私は事故後に信楽地区を担当したことがあり、何度もクルマでこの焼き物の里を訪れました。

当時はまだ新名神高速道路は開通しておらず、水口方面から国道307号線を走っていましたが、その途中に事故現場近くの線路と道路に挟まれた場所に建てられた慰霊碑がありました。

        

2度程車を降りて慰霊碑の前で黙祷を捧げ、またそうしない時も通り過ぎるたびに心の中で手を合わせたものです。

開業30周年を迎えた信楽高原鐡道は現在も営業運転していますが、当時より信号システムは充実しているとはいえ、くれぐれも気を抜かずに運行してほしいものです。

〝注意一秒・ケガ一生〟ですから・・・。うー


             人気ブログランキング